とりーとめんと風ストレート   BINでは、一般の縮毛矯正とは違...

おすすめ技術メニュー


 とりーとめんと風ストレート


 

BINでは、一般の縮毛矯正とは違う、髪を傷めないで縮毛矯正をしています。
「えっ!そんなのウソ!?」って思うでしょう??
どこのお店もみんな傷めないって言ってますものね。
でも、本当に大丈夫!今から、その理由をご説明しますね。
それにはまず、縮毛矯正のメカニズムの説明からです。

一般的な縮毛矯正は、アルカリ度数の高いパーマ剤で、髪の毛を軟化(還元)させます。
この時、完全軟化させなくてはなりません。
普通のカールやウェーブのパーマの時も軟化させますが、完全ではありません。
例えて言うと、「そうめん」イメージして下さい。「そうめん」ですよ。いいですか。
普通のパーマの軟化は、まだ少しコシのある状態を言います。(詳しい方、ドレッドなど特殊な場合を除いて下さいね。)
それに比べ縮毛矯正は、なんと、茹ですぎて全くコシが無くなった状態。麺は倍ほど太くなり、お箸でつかもうとすると、すぐに千切れてしまう状態を完全軟化と言います。
髪の毛の表面は、キューティクルという鱗のような鎧で守られています。これはご存知ですね。
パーマ剤が髪の内部に作用する為には、邪魔なキューティクルをこじ開けなければ、中に入って作用出来ないんです。
だから、完全軟化した髪の表面は、キューティクルが開ききった状態になっています。想像して下さいね。
中にあった、タンパク質などが流出してしまうのは言うまでもありませんよね。
だから補充するんですけど、一旦開ききったキューティクルって元には戻りませんよ。
なんとなく理解できましたか。
うーん、何だか危ない、危険な香りがしませんか?
茹ですぎたそうめんは、すごくデリケートになっていますよね。
だから、髪も軟化後の作業はとても慎重にしなければ、大変なダメージを与えてしまいます。
乾いた髪と言うのは、結構強いものなんですが、濡れただけで、5倍切れやすくなっています。
水に濡れただけで、5倍ですよ。だから、濡れたまま寝ないで!って言うんですね。
頭と、枕で髪がすれて傷んでしまいますよ。
完全軟化したか、どうか?はどうやってテストしているか参考までにお教えしますね。
1.薬剤をふき取って、適量取り、髪を指に巻きつける。この時、戻ろうとする力があると、まだ軟化不足ということになります。
2.2?3本取り、左右の手の指で2箇所摘み、引っ張る。この時、ゴムのように、2倍以上伸びればOK。千切れたり、伸びが悪いものは、軟化不足。
美容師さんが、こんなチェックしている姿を見た事あるかも知れませんね。
脱線しましたが話を戻しまーす。
縮毛を伸ばすと言う事は、実はとっても危険な事だったんですよ。
そして、それは1度すれば良いものではなく、何回もしますよね。ほとんどの方はミディアム以上の長さがありますものね。
3回4回5回と、回数を重ねる度に当然ダメージは大きくなっちゃいますよね。
だから、だんだんパサパサになってくるんです。
「矯正した髪は半永久持続なんだから、1度やった所はしなければ良いじゃん!」って思われました?
そうですよね、そうすれば、同じ箇所には1回しかしませんから、傷みも一回分で済みますよね。
でも、その境目が不自然になったり、シャンプー台で流す時とか、どうしても付いちゃうんですヨ。
すると、中途半端に軟化してしまうんですね。
そうなると、アイロン操作をしても残念ながらキレイなストレートにならないんです。
次のような経験をされた方いらっしゃいますよね。
縮毛矯正してしばらく経って、新しく生えてきた所に市販のストレートパーマ剤を使っておさえようとした。
「縮毛矯正ほどキレイにはならないだろうけど、しないよりはマシでしょ。」とやってしまいます。
どうなるでしょうか?根元どころか、キレイに矯正されていた髪まで、クセだか何だかよく分らないチリヂリの髪になってしまい、大変後悔した。
実はこの例は結構多いんですよ。
アイロンをしているのでキレイになりますが、薬剤がついてしまったらクセが再現される。
もし、その時、180℃のアイロンでプレスしたとしても、中途半端な軟化状態なので、キレイなストレートにはなりませんし、市販されている薬剤は、根元の新生毛は大丈夫かも知れませんが、傷んでしまっている毛先にはキツ過ぎる薬剤なので、髪が復旧不能になっている可能性があります。
危険なので、止めておきましょうね。
だから傷むと分っていても、完全軟化を繰り返してしまうんです。
モチロン、傷めないような工夫はしていますよ。前処理といって、セラミドや、タンパク質を入れたり、毛先につける薬剤をマイルドなものにしたり、時間差でいたわったりとね。
でも、完全軟化させる事は同じです。毎回です。
お分かり頂けたでしょうか?
実は縮毛矯正はかなり危険と隣り合わせだと言う事です。

では、とり?とめんと風ストレートは何処が違うのか?
とても簡単ですよ。
髪を完全軟化させなくても、矯正が出来るんです。
パーマ剤では、完全軟化が必須でしたよね。
パーマ剤ではなく、化粧品類に属するトリートメントを使います。
一般は強いアルカリ性で、髪を膨潤、キューティクルを広げ、完全軟化に対し、
とり?とめんと風ストレートはアルカリ度数は中性で、髪を膨潤させず、キューティクルも開かない。よって軟化しない。
こんなので、縮毛矯正ができるの?って思われますよね。
無理もありませんが、本当に最高の仕上がりでストレートになります。
分子が細かいため、キューティクルを開かなくても、内部で作用してくれます。
軟化させないので、髪は芯をもったままストレートに形を変えます。
とても自然で、ストレートをしているのがバレないほどですよ。
だって、カラーされている方に縮毛矯正させて頂いても、色落ちがありませんからね。
すごいでしょ。それだけ膨潤させず、キューティクルも開いていない証拠です。
傷めないので、パーマスタイルに変更も可能。
ウェーブとストレートを交互に楽しむ事も可能です。
樹脂が入っていませんので、カールアイロンなどでも容易にカールがつきます。
論より証拠。BINのお客様で、ストレートをされている方の髪は傷んでいません。
もう、3年ほどになりますが、最近さらに改良されてグレードアップしました。
BINの「とり?とめんと風ストレート」ってすごいでしょ。
ストレート派の方はぜひお試しあれ。(カット込み\18,900(税込))

 

ストレートパーマ前の写真 ストレートパーマ後の写真




 ナチュラルハーブカラー

これらのハーブで構成されたカラートリートメント剤
 

の中に、ハーブと名の付く製品は沢山ありますが、その殆どは、ハーブ配合の製品です。
どのくらいの割合で配合されているのかは分かりませんが、ドラム缶に数滴でも配合ですので注意が必要です。
それに比べ、BINのナチュラルハーブカラーは、90%以上がハーブです。
ですから、ハーブに色素を少し混ぜてるって感じなんです。
まさに、ハーブの力で染めるハーブのカラートリートメントですね。

それでは、分りやすい様に、一般のカラー剤との違いを見ていきましょうね
まず、通常私たちがカラー(ヘアダイ)と呼んでいるものは、アルカリ染毛剤と呼ばれるもので、髪の色素を抜いて、人工の色素のもとを入れて、酸化させると色が発色します。このような染料は酸染料といいます。
染料とは、違いますのでご注意下さい。酸性染料については後で書きますね。
今までは大丈夫でしょうか?

では、次に、色素を抜くという事について、どのような事が起きているのか見て行きましょう。
色素を抜くためには、髪を膨潤(膨らませる)させ、うろこ状に重なり合って髪を守っている鎧のようなキューティクルをこじ開けて隙間を作らなければなりません。
その為に、薬剤はアルカリ性になっているんですね。
明るくするには、たくさんの色素を抜かなければなりませんので、その分キューティクルもいっぱい開いていると思って下さい。
キューティクルを無理やり開いたんだから、色素と同時に髪の中のタンパク質などが抜けてしまうので、傷むんですね。
ここまでの作業を通常のカラー剤は、化学薬品で行ないますが、ナチュラルハーブカラーは、天然のハーブの力で行ないます。
だからとてもマイルドなんですね。

その次に、色素について触れておきますね。
アレルギーのある方がかぶれたりするのは、「ジアミンかぶれ」と言います。
それは色素のジアミン酸というものにかぶれる為ですが、その中でもパラフェニレンジアミンというモノに反応します。
通常のカラー剤ですと、0.75%くらいの割合で配合されていますが、ナチュラルハーブカラーは0.075%の配合です。
1/10程度までに抑えています。
そんなややこしいものは、無くしてしまえば良いのでは?
っと、思ったのですが、聞いてみると、どうしてもブラウン(グレイ)は、入れないと色持ちが悪くなる そうです。

しかし、原色系(赤・青・黄など)には、一切パラフェニレンジアミンは入っておりませんので、アレルギーの方で、どうしても染めたい方は、それらを調合してブラウンを作り、白髪を染める事も出来ます。(お勧めはしていませんが。)
実際、アレルギー反応の出る方に原色をブレンドして染めさせて頂いている方がいらっしゃいますが、
ヘアマニキュアに比べて、気になり出すまでの期間が長くなったと喜ばれています。色持ちも悪くないと思います。

気を付けていただきたいのは、パラフェニレンジアミンでアレルギー反応の出る方は、量が多い少ないは関係ありません。
どんなに少量でも、パラフェニレンジアミンが含まれていれば、ほぼ反応すると思って頂いた方が良いでしょう。
基本的にはその様な方は、ヘアマニキュアタイプ(酸性染料)のカラーをお勧めします。

 
写真のモデルさんは、ジアミンアレルギーがあるため、通常のカラー剤では染められません。
以前はヘアマニキュアをさせて頂いておりましたが、今はハーブカラーのマイルド(中性タイプ)のブルー・レッド・イエローで、ブラウンを作り白髪を染めています。原色の組み合わせで、ジアミンアレルギーを防いでいます。
(※ 全てのジアミンアレルギーの方が可能な訳では無いと思います。)
 

それでは、色素を抜いて、色素を入れて発色しました。その次です。
通常のカラー剤は、シリコンや樹脂で、髪をコーティングします。
これによって、入れた色素が流出するのを防ぎますが、そのコーティングはいずれ剥がれちゃいますね。
きっと3週間持ったら良い方だと思います。
では、ナチュラルハーブカラーは?
すごいですよ。ようく聞いてて下さいね。
なんと、開いたキューティクルを閉じちゃうんですよ。配合されたハーブの一つにその役目があって、開けたものはきっちり閉じます。スグレモノでしょ。だから、ナチュラルハーブカラーで染めた髪は自然のツヤが出てキレイですからね。
それにもちろん色持ちも良いですよ。

お客様に染めさせて頂いてから1年が経ちました。
その差歴然です。
以前のカラーも、かなりマイルドなモノを選んで使っておりましたが、それでも全然違います。
明るくなってこないし、色持ちも良い。髪の質感も、ツヤも数段上です。
施術中は、ハーブの香りが漂って癒されますし、シャンプー後は全く臭いません。
しばらく漂っていたあのカラーの臭いはウソのようにありませんし、
ご自宅でシャンプーされた時に感じるカラー直後のシナッとした感触もありません。
ナチュラルな仕上がりとカラーをお楽しみいただけます。


ナチュラルハーブカラーの中性タイプもあります。
ほとんどのカラーで、アルカリタイプと中性タイプの両方を使います。
既染毛(以前に染めた部分)には、中性タイプで色味を追加します。
中性タイプは、髪を膨潤させることも、キューティクルを開ける事もありませんので、全く傷みません。
もちろん、過酸化水素水も使用しません。
傷むと言うよりも、逆にトリートメントをしている感じです。
成分が、髪の内部に働きかけ、修復し、髪のキューティクルを整えます。
地肌につければ、毛穴に詰まった汚れを落とし、頭皮をサポート。
通常は、弱アルカリタイプのカラー剤を使用しますので、強アルカリタイプよりはダメージが弱いですが、ここにも3%程度の過酸化水素水を使いますので、ダメージがある事は明らかですね。
ちなみに、通常のカラーで新生毛に対しては6%の過酸化水素水を使います。
BINのナチュラルハーブカラーでは、90%の方に4%以下の過酸化水素水で対応。残り10%の方は明るめ、あるいは色が抜けにくい方なので5%の過酸化水素水で対応しております。
ヨーロッパなんて、18%の過酸化水素水を使ってカラーをしていますので、あっという間にキレイに染まりますが、頭皮はエライ事になってしまいますよ。怖くて出来ません。
中性タイプのもう一つの使い方は、白髪染めです。
白髪の少ない方などは、白髪を目立たなくするだけの、使い方ができます。
全く傷めませんので、安心してカラーが出来ますね。
もしくは、白髪がとても多い方。
このような方は、色を抜く必要がありません。
傷めずキレイなカラーが楽しめます。
ほとんど白髪の方でも、通常の白髪染めをされている方がほとんどでしょうね。
もったいない限りです。必要が無いのに、色素を抜く為の傷める行為をする訳ですからね。
特にその様な方が、ナチュラルハーブカラーに変えると、すぐに違いが出てきますよ。

如何でしたか?
どれだけBINのナチュラルハーブカラーがマイルドで、魅力的か分って頂けましたでしょうか?

最期まで読んで頂いてありがとうございました。
まとめると、

90%以上ハーブなので作用がマイルド。
パラフェニレンジアミンの含有量が1/10。
キューティクルを閉じてくれる。
過酸化水素水も濃度の薄いものを使っている。
全く傷めない中性タイプもある。
アルカリタイプと中性タイプの使い分けでバリエーションが豊富。
トリートメント効果がある。


などです。


何か、良いカラーは無いのか?
カラーする度に傷みが気になっていた。
地肌がピリピリして不快だった。
臭いがイヤ。
すぐに色が落ちて明るくなってしまう。
ヘナだと、赤くなってイヤ。

上記のようなご不満のある方、ぜひ1度おためし下さい。


注)ヘナではありませんし、ヘナは配合されておりません。

 

 

更に、ハーブカラー詳細へ



ブリーチ後にハーブのブルーを入れてます。
購読する