金剛駅のすぐの美容室、Hair`s・Bar・BINヘアーズ・バー・ビン

2013/9/6

オーナー やまだ

いよいよ、ドコモからiPhoneの販売がされる事になったようです。

朝日新聞と日経新聞の電子版で、iPhoneの新機種をドコモが導入すると伝えています。

以前から噂されていたドコモのiPhone取り扱いですが、今回はホントみたい。

日本時間の11日、Appleの発表会でNTTドコモに供給を発表する可能性が高いみたい。

発売時期は、朝日が20日で、日経が今秋とのこと。

iPhoneによってユーザー流出が止まらなく、大打撃を受けたドコモ。

私も十数年ドコモユーザーでしたが、iPhoneが欲しくて乗り変えた1人ですからね。

それにドコモ長年を使っていても、何のメリットも無かったですから。

たかがスマホの1機種のiPhoneごときと、タカをくくっていたであろうドコモ。

ソレもそのはず、以前は携帯キャリアーとして、完全にメーカーを仕切って帝国を築いてましたから、

メーカーの要望に応えるような立場じゃなかったんです。

ドコモ様です。

その感覚のズレ、時代錯誤ですよね。

私は以前から、携帯電話に音楽ファイルや動画ファイルをメーカーオリジナルにしている

時点で、怒っていましたから。

最後の方は、完全に諦め状態。

明治維新、Windowsの時のように携帯も、また黒船にやられる。って言ってましたが、

やっぱり、日本の携帯電話は、AppleとGoogle にやられました(汗)

ドコモも、もっと早くに取り扱っていれば、顧客流出は防げたハズなんですけど。

時代の流れは早いので、若い機動力のある人が仕切らないと大企業であろうと、

ちょっとのミスで揺るぐ時代ですね。

まぁ、官僚の天下り先企業ですから、潰れないのかも知れませんけど・・・。

追い込まれて、仕方なく最後のカードを切った。という所でしょう。

ドコモがiPhoneを扱い出したら、

打撃を受けるのはAndroidスマートフォンを作っていた国内企業です。

Xperiaのソニーなんかは、大打撃間違い無し。

更に、他の数社。

だいたい、色んなメーカーが作り過ぎ。

使っているOSは、同じなんだから、高性能で品質が高い、世界に通用する

Maid in Japanのスマホを1つ作れば良いと思いますけどね〜。

ドコモユーザーは「待ってましたっ」と、iPhoneに機種変する人が殺到するでしょう。

ここで、iPhoneを武器にユーザーを獲得して来たSoftBankとauですが、

画期的なキャンペーンを打たないといけませんね。

ドコモが、いずれは扱う事は予想していたでしょうから、おそらく準備している筈。

新規の大幅割引もあるでしょうし、月々の定額も下がるかも知れませんね。

で、

結局、誰が得をするのか?

やっとiPhoneを使えるようになったドコモユーザーと、

サービスが良くなる、既存のSoftBank・auユーザーですね。

アップルもか。。。

どちらにしても、全てのユーザーにとってプラスですね。

まぁ、どうなるのか、今後の動きが楽しみで〜す。

Return

Recommend
あなたへのおすすめ