金剛駅のすぐの美容室、Hair`s・Bar・BINヘアーズ・バー・ビン

2012/08/09

オーナー やまだ

動物の脂について

今日は弁当食べれました(^^)

で、食べようと思って肉を見た時、
脂が白くなって固まっています。
コレ、当たり前ですよね。
肉が冷めた時の脂
でも、
食べる前に、私的にはちょっと抵抗があるんです。


その理由をシェアしましょう。

まず、なぜ脂が固まったのでしょう?

気温が低くなった時ですよね。
脂は温度が高いほどサラサラになりますよね。


では、どのくらいの温度から固まりだしますか?

牛は、38度〜39.5度の体温があるようです。
豚は、38.5度〜40度らしい。
鳥は、40度〜42度らしい。
一般的に恒温動物は、37度〜40度らしい。
人間の体温は、36.5度前後らしい。
ちなみに、42度を超えると人間はゆで卵のようになって死ぬらしい。

と、言う事は、
その動物の体温以下になると脂が固まりだすんですね。


人間の体温は、牛や鳥の体温に比べて低い。
食べた脂は血液をドロドロにする原因になる。
詰まりやすくなるって事です。。。。


では、魚は?
変温動物の為、人間よりかなり低い。
水の中に居る魚は、水の温度くらいでしょう。


魚の脂を摂取しても、体温の高い人間の中ではサラサラなんです。



人間は、体温を1度上げるだけで、かなり病気になり難くなると言われています。
低体温の人はヤバイんですよ〜。

逆に言うと、言う事は動物はガンなどにはなり難いと言う事でしょうか?

・・・長生きする前に可愛そうですが殺されちゃうので意味有りませんが。。。

感謝!


Return

Recommend
あなたへのおすすめ